ファクタリングとABLとの違いを理解しておこう

ファクタリングとABLとの違いを理解しておこう

年々、ファクタリングを利用する会社は増え続けており、同時に新規のファクタリング業者も増え続けています。

運転資金などを、手軽に入手できる方法として、ファクタリングは中小企業を中心に、その人気度はますます増すばかりです。

また、資金の入手方法にはABLといった方法もありますが、ファクタリングとの違いはどういった点でしょう。

ABLとはいったい何 ?

ABLとは、アセット・ベースト・レンディングの略語で、動産担保融資の事を指しています。

担保融資と言えば、一般常識では不動産が担保の対象となるはずです。

ファクタリングで扱われる、売掛債権などの債権も、不動産の部類に入ります。

しかし、動産担保融資の場合、この売掛債権だけではなく、在庫商品なども担保に充てることができるもので、この担保をもとに資金の調達ができる仕組みです。

この背景には、2005年に創設された「動産譲渡登記制度」が作られたことで、動産でも融資の担保としての信用力が高まってきた為です。

多くの中小企業では、ほとんどの会社で資産といったものが少なく、売掛債権や在庫商品を担保にできる動産担保融資は、とても魅力的なものとなりました。

さらに動産担保融資は、銀行融資などと異なり、不動産担保や連帯保証人などが無くても取り引きが可能な融資方法です。

これにより、これまでよりも中小企業の資金入手が、かなり楽になったわけです。

ファクタリングとABLとの違い

ファクタリングもABLも、売掛債権を対象として「資金を手に入れる」という点では、かなり似ている資金入手の手段です。

しかし、似ていて非なるもので、ABLの場合は売掛債権を担保とした融資で、ファクタリングの場合は売掛債権の売却といったものになります。

つまり、ABLの場合は融資といった形をとりますので、経理上借入金といった種類で帳簿にあげなければなりません。

また、ABLとファクタリングの違いには、資金可能な入手の額が異なってくるということが挙げられます。

具体的に言えば、ABLはあくまでも融資である為、売掛債権あるいは対象となる動産の担保違いにより、評価額以上の融資を得る事ができるのです。

ファクタリングの場合は、売掛債権の額面以上の売却は行えず、手数料も引かれますので、手取りでは多少を目減りしてしまいます。

また、スピード感を比べてみると、ABLは審査から融資までの時間がかかり、1カ月以上かかることもあります。

ABLとファクタリングのメリット

ABLの場合、評価額以上の融資を得られるのが、大きなメリットと言えるポイントです。

また、担保は売掛債権だけではなく、倉庫でダブついている在庫商品も、担保の対象となりますので、応用範囲がかなり広く、資産を持ち合わせていない中小企業にとって資金調達が安易になり、その利便性はかなり高いものと言えます。

また、ファクタリングよりも、手数料が低めに設定されていることもメリットの一つです。

ファクタリングの場合、2社間ファクタリングにおいて、そのスピード感は絶大なもので、最短で即日での現金入手が可能な業者もあります。

また、ファクタリングの場合、返還請求権なしのノンリコースが主流となっています。

ノンリコースでの契約は、たとえ売掛先や倒産したとしても、現金を返却する必要がありません。

ファクタリングと、ABLを比べた場合、ファクタリングは経理上も、借入金としての扱いを受けないといったメリットも大きいものです。

まとめ

ABLとファクタリングの大きな違いは、ABLが融資なのに対して、ファクタリングの場合は譲渡を売却といった点が大きく異なります。

また、売掛先がデフォルトした場合、ABLでは被害をこうむってしまいますが、ファクタリングの場合ノンリコースがありますので、リスクの少ない資金入手手段となります。

 

関連記事

  1. 当社の雰囲気などをお伝えします♪

  2. ファクタリングにおけるリスクを理解しておこう

  3. ファクタリングと手形割引の違い

  4. 理解しておきたい ! ファクタリングにおける勘定科目・会計処理方法

  5. ファクタリングは貸金業なのか

    ファクタリングは貸金業なのか?

  6. 暑い日が続く夏に脱水症・熱中症・熱射病・日射病にお気を付けください!!…