売掛債権担保融資とファクタリングの違いは何?

近ごろ、中小企業の経営者の間で、すこぶる注目を集めているのが、ファクタリングといった手法で、まとまった資金が得られるという画期的な方法です。

ファクタリングは、銀行やそのほかの金融機関からの融資とは異なり、リスクを介せず運転資金を得る方法ですが、同じ売掛債権を扱う売掛債権担保融資とはどこが違うのでしょう。

売掛債権担保融資の本質を知る

まず、どのような会社でも、会社の業績や売り上げを伸ばす為、自社で開発及び製造した商品、あるいは自社独自のサービスを取引先に納入、または店舗を利用したサービスなどによって収益を得ます。

小売店舗などでは、利用者から直接現金を得る事ができますが、取引先に納品する場合、すぐに現金を受け取ることはできません。

売掛金とは、サービスあるいは納品を行った時点で発生するもので、簡単な流れとしては納品書 →請求書 →取引先からの支払い、といった流れが生じます。

売掛債権は、決して形があるものではなく、サービス及び商品を納品した時点で発生するもので、取引先から支払いが行われる期間に存在するものです。

売掛債権担保融資とは、銀行などの金融機関から融資を受けるもので、担保は請求書などの売掛債権を担保をもとに融資を行うものです。

つまり、審査もあり、本質的なものは一般的な融資と同様のものとお考え下さい。

リスクの低いファクタリングの手法とは

近年、大きな注目を集めるようになったファクタリングですが、銀行やそのほかの金融機関から受ける融資とは異なり、売掛債権を譲渡することで現金を得るというのが大きな違いです。

ファクタリング会社によっては、あらゆる業種に対応しているところも多く、2社間/3社間ファクタリング・メディカルファクタリング・そのほかのファクタリングにより、売掛債権の買い取りを行っています。

ファクタリングのデメリットとしては、3社間ファクタリングにおいて、会社の信用が失われてしまう可能性があります。

つまり、第3者に業績の悪化や経営の不安定さが露見してしまうリスクがあるわけです。

ただし、そのほかのファクタリングに関しては、個人情報や企業情報などの秘密が漏えいすることはありません。

また、銀行融資などとは異なり、ファクタリングは借入金とはなりませんので、担保も保証人も必要ありません。メリットとしては、短期間での現金入手が可能だというところです。

売掛債権担保融資とファクタリングの違い

両社の大きな違いとして、ファクタリングは売掛債権の買い取りで、売掛債権担保融資の本質は融資だということです。

あくまでも、一般的な融資と同様ですので、厳しい審査や担保・保証人が必要であり、融資が終了する期間内には利息が発生します。

ファクタリングは、譲渡といった形をとりますので、審査こそありますが、担保・保証人・利息などが発生する事はありません。

ただし、ファクタリング会社も、利益を得る必要がありますので、手数料といった形で売掛債権の割合に応じた手間賃を支払わなければなりません。

ファクタリングのメリットとしては、3社間ファクタリング以外にリスクはほとんどなく、短期間での資金回収を可能としているところです。

一般的な会社間での取り引きでは、半月から3カ月先の支払いとなりますが、ファクタリングを利用することで早ければ即日、あるいは数営業日までの短期間に資金を得る事ができますので、大きなメリットとなります。

まとめ

同じ売掛債権を利用しますが、売掛債権担保融資とファクタリングとでは、大きく異なっていることがお分かりいただけるでしょう。

つまり、借りるのではなく、正当な売却といった方法で現金入手を行う方法ですので、リスクがほとんど見られないのが、ファクタリングの大きなメリットと言えるでしょう。

関連記事

  1. 5階入口

    当社の外観や社内の雰囲気をご覧ください!

  2. ファクタリング会社選びのポイント

  3. image

    はじめてのファクタリング【よくある質問トップ3】

  4. ファクタリングの上手な使い方

  5. ファクタリングとABLとの違いを理解しておこう

    ファクタリングとABLとの違いを理解しておこう

  6. ファクタリングにおけるリスクを理解しておこう