気になるファクタリング完了までの流れと日数

ファクタリングを初めて目にする経営者にとって、金融機関に縛られないファクタリングの手法は、かなり魅力的に映るのではないでしょうか。

ファクタリングは、融資と異なり、審査が甘いと言われているのは、会社の経営が悪くとも審査が通りやすいからだと言われています。短期間での資金入手が可能なファクタリングですが、実際にどのような経過を辿っているのでしょう。

ファクタリングの申し込みから資金調達までの流れ

まず、ファクタリングは、銀行などの金融機関の融資と比較すると、資金入手の方法が大きく異なっています。

ファクタリングの手法は、ファクタリング会社に売掛債権を譲る形での売却を行います。

一般的なファクタリングの流れは、まず電話あるいはFAX・メールフォームによる申し込みから始まります。

仮査定が完了すると、折り返し担当者から、希望金額などをヒアリングで確認後、簡単なファクタリングの流れやおおよその内容が説明され、必要となる書類の種類の提出を求められます。

必要書類には、身分証明書・法人会社謄本2通・法人会社謄本2通・勘定科目明細書付直近2期分の決算書(税務申告済みの捺印のあるもの)・取引先との基本契約書・成因資料(注文書・契約書・発注書・納品書・請求書など)1案件につき2点・入出金の通帳・当座照合表などが必要となります。

本査定で、特に書類の不備や問題がなければ契約となり、口座に現金が振り込まれるといった流れになります。

ファクタリング以外での資金調達方法

従来までの、一般的な資金調達方法といえば、やはり銀行などの金融機関による融資といった方法です。

また、比較的見逃されがちですが、補助金や助成金といった公的融資も、低い金利で利用可能な融資の方法です。

ご存じの通り、銀行融資は査定が厳しく、担保や保証人が必要で、時間に余裕がなければ選択しにくいといったデメリットがあります。

補助金や助成金も、低金利がかなり魅力的ですが、資金が調達できるまでの期間は、最短でも1か月以上かかることがほとんどです。

次に、資金調達方法として挙げられるのは、募集株式の発行や社債の発行といったものです。

コスト的には、ほとんど費用がかかるものではありませんが、必ずしも確実性があるとは言えず、資金入手まで1か月から2カ月はかかってしまうのがネックです。

そのほかの、資金調達方法で考えられるのは、ビジネスローンや消費者金融などからの借り入れといった手段です。

短期間での資金調達方法

会社に余力が残っていれば、資金調達の手段に困ることはありませんが、どの会社でも時期的な問題や突発的な出来事などにより、急に現金が必要になるという事はあり得る話です。

短期間での資金調達方法としては、ビジネスローンや消費者金融などからの借り入れといった手段があります。

どちらの方法も、最短で当日融資が可能で、遅くとも1週間以内に借り入れが完了することが多いものです。

しかし、金利はかなり高く、短期ならまだしも、長期にわたって借り入れを行うのは、会社の経営にもマイナスの影響を及ぼします。

その点ファクタリングは、借り入れといった負債にならず、バランスシートの健全化にも役立つ手法として注目を集めています。

3社間ファクタリングでは、3社間での書類の手続きが必要になる為、手続き次第では日にちを要する事があります。

しかし、2社間ファクタリングでは、書類作成等による事務手続きが少なく、入金までの期間が短いのが特徴です。

まとめ

企業としての、資金調達方法はいくつか挙げられますが、いずれも短期間といったスパンで見てみると、必ずしも有利に働くとは限らないことがわかります。

2社間ファクタリングにおいて、最大の魅力となるのが、短期間での資金入手で、状況によっては最短で当日の資金入手が可能となります。

関連記事

  1. 創業1年未満の会社の資金調達について

  2. 理解しておきたい ! ファクタリングにおける勘定科目・会計処理方法

  3. ファクタリングは貸金業なのか

    ファクタリングは貸金業なのか?

  4. 赤字決済における銀行とファクタリング会社の対応の違い

  5. 初めての方でも分かりやすい ! ファクタリングの申込・契約の流れ

    【初めての方でも分かりやすい !】ファクタリングの申込から契約までの流…

  6. これだけは覚えておきたい ! ファクタリング契約時の四つのポイント