創業1年未満の会社の資金調達について

創業1年未満の会社の資金調達について

現代は、実力主義の世の中になり、若くても能力さえあれば、誰でも事業を立ち上げることができるようになってきました。

しかし、新たに起業をしてみたものの、資金不足により十分な力が出せず、頭を下げる毎日に苦労した経営者も多いのではないでしょうか。

そこで、創業したての会社の、資金調達方法について学んでみましょう。

創業時の資金調達は悩みのタネ

どうにか身内や知人から、資金調達を得て起業をしたはいいが、その後の資金不足に陥り、会社の業績にかかわらず経営が下方修正に陥ってしまうのは、新たな会社でよく見受けられることです。

当然ですが、起業するには、事業所の必要性と人材の確保から、オフィスの形成・開発や商品づくりにおける仕入れなど、実に様々な資金が永続的に必要となってきます。

しかし、商品やサービスを導入しても、実際に取引先から支払われるのは数カ月先で、その間の運転資金に困ってしまうといったケースが多いのではないでしょうか。

特に困ってしまうのは、大口受注が発生したのに、仕入れ代金に不足してしまう。

また、飲食関係業界には多い、季節要因による売上の補てんなどが挙げられます。

また、余力を持った経営を行うためにも、繁忙期に備えた仕入代金は必須とも言えるでしょう。

起業の際に、銀行や金融機関などから、融資を受けるケースも多いのですが、継続して融資を受けられるとは限らないものです。

創業融資を受けるためには何が必要なのか

融資を永続的に受ける為にも、創業融資を受けるためには、何が必要なのかを理解しておく必要があります。

まず、起業する際に融資を受けても、継続的に融資を受けられるとは限らないということを挙げておきます。

銀行などは、常に審査といったラインにより、融資の合否を決定していますので、継続融資を得るためには審査に合格する為の心構えが必要となります。

まず、一つ目として挙げられるのは、会社の自己資本がどのくらいあるかということです。

金融機関は、代表取締役の通帳を確認し、資金の入手が計画性であるのかを確かめています。

つまり、意外と通帳は重要なポイントであり、計画性が確認できれば信用のあかしとなります。

次に、業務を行っていく上での経験や知識、能力の見極めです。かなりファジーな問題ですので、実際には事業計画書や経営者との面談で、過去の業歴も踏まえて値踏みされることになります。

最後に重要なポイントとなるのは、返済能力があるか否かということです。

創業1年未満の会社でもファクタリングは可能 ?

企業仕立ての経営者で、多少なりともファクタリングを理解していれば、ファクタリングを利用してみようと考えるのは至極当然のことです。

ファクタリングは、バランスシートにおいても借入金とならず、資産の部に記載することができますので、会社にとってはかなり大きなメリットとなることは間違いありません。

また、資金調達の方法としても、数カ月先に支払われる納品代金を前倒しできますので、ビジネスの展開も迅速に行うことができます。

そこで問題になるのが、創業1年未満と社歴の短い会社あっても、ファクタリングは可能なのかといった点に尽きるでしょう。

答えからいえば、社歴の短い会社あっても、ファクタリングは可能といえます。

しかし、銀行などの金融機関のように、審査は厳しくなくとも、ファクタリングの審査はありますので、二つの点に留意しておく必要があります。

一つは売掛先の財務内容で、二つ目は売掛先と継続的な取引があるかどうかといったポイントです。

まとめ

意気込んで起業したものの、運転資金が注入できず、尻すぼみになってしまい、経営の悪化を招いてしまうといった新規事業主も少なくありません。

創業1年未満の会社の資金調達方法として、ファクタリングは最良の方法と言えますが、ファクタリング業者によっては、断られるケースも考えておく必要があります。

関連記事

  1. 赤字決済における銀行とファクタリング会社の対応の違い

  2. ファクタリングにおけるリスクを理解しておこう

  3. image

    はじめてのファクタリング【よくある質問トップ3】

  4. 暑い日が続く夏に脱水症・熱中症・熱射病・日射病にお気を付けください!!…

  5. 売掛債権担保融資とファクタリングの違いは何?

  6. 気になるファクタリング完了までの流れと日数