ファクタリング会社選びのポイント

経営者であれば、資金が必要となった際に、いつでも現金を流用できる体制があれば、理想の経営ができると誰しもお考えのことでしょう。

ファクタリングは、融資とは異なり、借入金といったプレッシャーのない、健全な資金入手方法です。

しかし、最近は知名度も上がり、ファクタリング会社も多く、乗り換えにも積極的に行われるようになってきました。

自分の求めるファクタリングであるか

現代の日本社会は、融資一辺倒であった資金入手の方法から、ファクタリングでの資金入手を選択するケースも随分と増えてきました。

どの会社の公式ホームページを見ても、魅力ある言葉があふれ、利用する側にとってかなり迷ってしまう場面も多いのではないでしょうか。

ファクタリング会社選びは、どの業者でもよいわけではなく、大切なことは利用者の求めるファクタリングが行えるか否かにかかっています。

例えば、工務店を経営していれば、建設業界に強いファクタリング業者を選ぶ必要があり、介護施設を経営していれば、介護や医療関係に強みを持つファクタリング業者を選ぶことです。

つまり、ご自分に有利なファクタリングが行えるように、その業種で強みを持つ業者を選ぶ必要があるのです。

また、少しでも早く、資金入手をお考えの利用者であれば、2社間ファクタリングが有効で、売掛先の会社と信頼関係が強固であれば、3社間ファクタリングといった選択肢もあります。

ファクタリングの種類

ファクタリングの基本となるのは、2社間/3社間ファクタリングです。

また業種別にみると、病院や薬剤所関係は医療報酬ファクタリング、介護施設などは介護報酬ファクタリング、及び業者を統合したサービスには、メディカルファクタリングといったものがあります。

また、建設業に特化したファクタリングや個人でも利用する事のできる給与ファクタリングなど、売掛金の状況が発生すれば、どのような業種であっても、基本的にはファクタリングは可能と言えるでしょう。

ファクタリングのシステムは、売掛金の発生を債権とみなすことで、後の売掛債権をファクタリング会社に譲渡・売却し、現金を入手するといった方法になります。

ファクタリング会社を選ぶ際には、こうしたご自分のニーズに合わせた業者選びが必要となるわけです。

メリットとしては、業者が強みを持つファクタリングであれば、それだけスムーズに事が運び、短期間での資金入手が可能となるからです。

ファクタリング会社選びのポイント

ファクタリング会社選びのポイントとしては、手数料・買い取り可能金額・ファクタリング終了までの期間・サービスの充実などが挙げられます。

大切なことは、ご自分の会社のニーズに合っているかで、会社が必要とするメリットを満たす業者選びが重要となります。

例えば、売掛債権の取引に関して、ファクタリングを売掛先に知られても構わないかどうかといったポイントも、比較的重要なファクターです。

ご存じの方もいらっしゃるかと思いますが、2社間ファクタリングに比べて、3社間ファクタリングは多少を時間はかかりますが、手数料がかなり低く抑えられるといったメリットがあります。

逆に、一刻でも早く、資金入手が必要であれば、迅速な対応の可能な2社間ファクタリングがかなり有利です。

したがって、これらのニーズに合う、それぞれの分野にノウハウや強みを持つ、業者を選んでおくことが大切です。

また、柔軟な対応ができることも、大切なポイントとなります。

まとめ

ファクタリング会社選びのポイントは、業者側ではなく、まずはご自分の会社にどれだけ有利であるのか、そして希望するニーズにマッチしているかが重要なポイントになります。

手数料ばかりに目が行きがちですが、手数料が安くとも、そのほかの経費がかさんでしまえば元も子もありませんので、総合的な評価が必要です。

関連記事

  1. ファクタリングとABLとの違いを理解しておこう

    ファクタリングとABLとの違いを理解しておこう

  2. 売掛債権担保融資とファクタリングの違いは何?

  3. ファクタリングの上手な使い方

  4. 気になるファクタリング完了までの流れと日数

  5. ファクタリングは銀行融資よりも優れている?

    ファクタリングは銀行融資よりも優れている?

  6. 創業1年未満の会社の資金調達について